新潟県立精神医療センター

  • トップページ
  • リンク
  • サイトマップ
  • 文字を大きくする
  • 文字を元に戻す


医療安全

1.基本理念
 医療の場では医療従事者の不注意が、単独であるいは重複したことによって医療上望ましくない事態を引き起こし、患者さんの安全を損なう結果となりかねません。患者さんの安全を確保するためには、医療従事者の不断の努力が求められるとともに、単独の過ちが即ち医療事故というかたちで患者さんに実害を及ぼすことのないような仕組みを院内に構築することが重要です。
 このような考え方のもとに、それぞれの医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、医療施設全体の組織的な事故防止対策の二つの対策を推し進めることによって、医療事故をなくし、患者さんが安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標とします。本院においては病院長のリーダーシップのもと、全職員がそれぞれの立場からこの問題に取り組み、患者さんの安全を確保しつつ必要な医療を提供していくものとし、全職員の積極的な取組を要請します。
2.医療安全推進体制
 医療安全対策の推進を図るため、医療安全推進委員会を設置するとともに、医療安全対策を実効あるものとするため、組織横断的に医療安全推進を担う医療安全推進部門会議を院内に設置しています。
3.安全推進マニュアル
  1. 医療安全推進体制の整備、医療事故防止のための具体的方策の推進、医療事故発生時の対応等を定めたマニュアルを作成しています。
  2. マニュアルは関係職員に周知し、また必要に応じ見直します。
  3. マニュアルを作成、改正した場合は、内容及び検討メンバーについて速やかに病院局に報告します。
4.職員研修
 予め作成した研修計画に従い、CVPPP研修を始め、全職員を対象とした医療安全推進のための研修を年2回程度、定期的に実施しています。

PDF新潟県立精神医療センター医療安全推進指針 (PDF:138KB)

このページの先頭へ戻る


トップページ個人情報についてサイトマップリンク

新潟県立精神医療センター
〒940-0015 新潟県長岡市寿2-4-1 TEL.0258−24−3930(代) FAX.0258-24-3891